人目をよそにエッチな夫婦揃って初詣

久しぶりの投稿になります。
今年に入って1日のこと。
ここ何年かは子供たちが冬休みになりお正月になると
私の実家へ行くので決まって年安年始は夫婦みずいらず

私達夫婦は熟年と呼ばれる世代になっても
二人だけになると何も気にすることが全くなくなるので
家の中にいると何時もどこでもエッチモード

その日は朝から初詣に行く約束をしていたので
朝から化粧を直しお着換え

もちろん夫の命令でコートの下は
白いミニスカートにパンスト。下はTバック。
ブーツを履いて出掛けました。

人のたくさんいる場所でどうみても私だけ格好が何かエッチな気がして
気が気ではありませんでしたが、

夫はそんな私の気持ちをしらずしてか
人混みの行列に並んでいる最中にも
コートの後ろに手を入れてきてはスカートをたくしあげ
パンスト越しのお尻を触ってきます。

「ううん、ダメ。こんなところで!」

そんな普通ではなそさそうな二人の様子に
気が付いている人がいるんじゃないかと気になって仕方がありませんでした。

こんな神様の前で年始から…。

そそくさと用事を済ませて帰宅。

もう決まっています。こんな夫の好きなスカートにパンスト姿で出掛けたあとは
そのままの格好でエッチ
予想は的中しました。

帰ってそのままの格好で二人で並んでコタツに入って
コーヒーを飲みながらしばし小休憩
その間も夫の左では私のスカートの中

パンスト越しの股間をまさぐってきます。

「うう~ん、エッチ」

太もも丹念に撫でまわし、アソコをイジってきます。

「うん…感じる…」小さくため息が漏れ
アソコもじわじわと生温かくなってくるのが自分でもわかりました。

完全にその気になった夫は隣りに座る私のスカートの中に
顔を挟み込んできてパンスト履いてるパンティのアソコに
顔を押し込んできました。

太ももをレロレロ、アソコに舌を這わせて舐めてきます。

それから「舐めてくれ」夫の一言を聞き取る間もなく
夫はズボンをずり卸しアレをだしていました。

何も言わずに私は夫の股間に顔を下げて
フェラチオで応戦します。

フェラしてる間にも、夫は手を延ばしスカートをたくし上げて
お尻を触ってきます。

フェラされて興奮してきたのかパンストの中にまで手を入れてきて
お尻と後ろからアソコをイジってきました。

「うう~んッ」モグモグ…

夫「おいしいか?」

「ううんッ…」モグモグ…チュパチュパ…

まだお昼過ぎの真昼間です。

私達夫婦はこれがあるから、こんな夫婦生活をつづけているからこそ
これまで喧嘩しても仲良くいられるのだと思います。

久しぶりのクンニに燃えた夫婦の夜の営み

夫が退院してから自宅療養中のこと…。
まだ完全に復帰できていないにも関わらず下半身だけは元気になった様子でした。
その日は私も家に1日いる予定でしたので、夫とふたりゆっくり過ごすことに。
朝食の後、リビングでお茶をしているとパジャマ姿の夫がズボンをずらしながら、
「舐めてくれよ」
「うん、ちょっとだけよ」
まだ小さくパンツに収まったままの夫のオ○ンチンをとりだし
自分の口に咥えてあげます。
柔らかくフニャっとしたオ○ンチンの根元をぎゅっと握って
口いっぱいに含んで上下に動かし、まっすぐ伸ばすように舌を絡めながら舐めます。
ジュルジュルッ、
そうすると、少しずつ大きく固くなってきたので、
口から取り出しサオの部分を横から唇に挟んだり、舌でベロベロ
夫「気持ちいい~」
「おまんこ舐めたい!」
私「大丈夫なの?」
まだ完全に治っていない病気のことが心配でしたが、そんな私の気遣いも上の空
「いいから!」
履いていた部屋着の下を脱がせてパンティ一枚にさせられ、
ソファで両脚を広げられパンティずらして、クンニがはじまりました。
私「うう~んッ」
舐められるのも久しぶりだったので、私もすぐに感じ始め気持ちよくなってきました。
「あ、あ~ダメ…」
夫「おいしいよ。」
「久しぶりのおまんこ美味しい」
イキそうになったのを夫はじらし、間隔をあけながらペロペロ
どうしても思い切りしたくなってきたそうで、続きは夜にたっぷりすることになりました。
私も気持ちよかったけど、イカされずそのままおあずけ。
========中略
寝る支度を済ませてふたりで寝室のベッドに横になります。
まずは私が夫のアレを口に咥えてフェラチオサービス
途中で逆になって、ベッドの枕の上に座って脚を広げて
股間に夫を迎え入れます。
夫は私の太もも辺りを強くにぎったままアソコに顔を埋めて強烈なクンニ
思わず私も声が漏れます。
「あッ、あ~」
久しぶりの夫も興奮気味に私のアソコをむさぼりついてきます。
ヒダヒダ全体を唇に挟んだり、穴の部分に舌先を入れてきたり
ときどきクリトリスを吸われたり…
私も久しぶりだったので本当によく感じていました。
「あ~ん、気持ちいい…」
夫は私のその言葉にさらに興奮したようで、脚の付け根あたりをグイッと持ち上げて
お尻も高く上げて、アナルもアソコも同時にペロペロむしゃぶりつくように舐めてきました。
夫「気持ちいいのか?、どこが気持ちいい?」
私「おまんこ、おまんこ気持ちいい…」
「あッ~、まんこが、熱い…」
もう夫の唾液なのか私の愛汁なのかわからないくらいアソコはベっとり塗れており
夫の舌が動くたびにいやらしい音がしていました。
ペチャッ、ペチャッ、
「あ~、気持ちいい。食べて~」
夫「どこを?、ここか?」、わざと私にいやらしい言葉を発するように仕向けてきます。
けど、そのことで私自身も入り込むことができ感度が上がるのが身体全体でわかりました。
「おまんこ、食べて!、ねえ、いっぱい食べて~」
夫は私のアソコを口いっぱいに含んでじゅるじゅると舐めまわし吸い付いてきます。
「いや~、イク、イっちゃう~、あッ~~」
私は自分のアソコを夫の口の中に含まれたままイってしまいました。
久しぶりに興奮し、ものすごく感じた瞬間でした。
ぐったり横たわる私を背後から、お尻に顔を埋めてきてまた舐められ、
ちょっとしたら、横向きのままバックで挿入してきました。
「あッ、いや~、あ~んッ…」
そのあと私は挿入されて、つづけて2度昇天。
久しぶりでこんなに感じたのか?元々エッチが大好きだったからか?
大満足の一日でした。
これだから夫婦生活はやめられないんです。

変態夫婦のシミパン・クンニ・顔騎放尿

変態夫婦の実録シミパンクンニ

おしっこを口で受け止めそのままお掃除クンニ。シミパンと汚れたアソコを見て触って、匂いを嗅いで舐め回される夫婦の個人撮影動画

人妻・シミパン・クンニ・動画

変態夫婦の実録シミパンクンニ2

人妻・熟女の汚れた臭いアソコをクンニで味わいつくす素人変態夫婦の個人撮影、顔面騎乗・クンニ動画

夫が急遽、入院!予想はしてたけどまさかの病室で…

年末に夫が急遽、入院することに。
だいたい2週間~20日程度って言われてました。
(週一~二回ペースでエッチしていた私たち夫婦には長いお預けです)
でも夫の身体のことが本当に心配で、私はそれどころじゃありませんでした。
毎日病院へ通い、夫の様子を伺いにいっていました。
そんな退院まじかで少しだけ以前より表情も明るくなり、元気になったかなって
感じていたある日の午後
いつものように病室に見舞いにいき、となりのイスに座って
ふたりでお菓子を食べながらお茶をしてくつろいでいたとき
ちょっとだけ、ボ~っとしてたら、夫が急に
「舐めて」
と、パジャマの下をずりおろし、
イチモツを私の方へ近づけてきました。
私は数秒も時間をあけずにお口にパクリ。
え?そりゃそうですよね普通じゃないですもんね
病院でこんなことするなんて。
けど、以前に
「俺がもし病院に入院したら、部屋でフェラくらいしてくれよ」って
夫の方から話をされたことがあったんです。
その話を聞いたときはそんなこと言われても、
相手の身体のことが先に心配になってそれどころじゃないわよって聞き流してたんですけど。
ほんの2,3日前に見舞いに来てときにベッドに横たわる夫が
帰り際にキスをせがんできたんです。
それもチュッとだけかとおもったら、数秒の舌を絡ませて濃厚なキス
「じゃあね」
そのときになんだか夫は溜まってるのかなって少し思っていたので
このときもフェラをせがまれても何も不思議に思いませんでした。
久しぶりにフェらされた夫は、病院というシチュエーションからか
いつものように大きくそそり立つ前にイッてしまっていました。
夫のイチモツから流れ出るデロンとした生暖かいものをお口いっぱいに受け止めます。
夫「飲むの?出していいよ」
「大丈夫」
いつものようにゴックンして、イッた後もキレイに舌と唇で舐めとってあげます。
たとえ夫が病気になったとしても私は夫の従順な飼い猫なんですね。
私の身体は夫が元気な時にしか稼動しないようでこのときも全然身体の火照りは感じませんでした。

おすすめ熟年夫婦動画