作者別: madamjuju

ふたりだけの夜によその熟年夫婦の動画を鑑賞

熟年・夫婦生活
私は自分からエッチな雑誌や動画を見ることはありません。
子供が夏休みに入り、田舎へ泊まりに出掛けふたりだけになった
ある日の週末の夜に、お風呂も済ませて下半身パンティ一枚の上にパジャマをはおっただけの姿で
寝室に入る前に少しだけお酒を飲んでいました。
そこで、いきなり夫がエッチな動画を観たいと言い出し、再生。
はじめのシーンは近くにもいそうな近所の友達のおばさんたち(笑)が
普段着のまま出てきて別になんとも思いませんでした。
最初は「いや~ね~もう…」なんて言ってただけでした。
が・・・途中からこの普通のおばさんが旦那さん!?に後ろからまさぐられ
愛撫されていくシーンふたりでジ~っと観ていると
いつの間にか私も興奮してきて体がいい感じに痒くなってきました。
夫も同様に興奮してきたのか動画を観ながら私の肩を抱き寄せ
片手で胸を揉んできました。
「う~んッ」、少しづつアソコが濡れてきているのがわかります。
動画を観ながら、動画の内容と同じように胸を揉んだり吸ったりしているシーンだったら
画面をよそに夫は胸を揉んできて、上着をたくしあげ乳首を吸ってきます。
「あ~んッ・・・」
股間を触られているシーンでは、もちろん私のアソコを片手でイジくってきました。
もうすでにパンティの上からもわかるほど湿っていました。
弄られる夫の指先が挟まる私の股間から「クチュクチュ」と
いやらしい音が聞こえてきます。
お酒の力も借りてかほどよく心地いい気分だったのでエッチなムードもなりやすかったのか
気がついたら私は夫のモノを口いっぱいにほうばってむしゃぶりついていました。
「ん~」ペロペロ…むしゃむしゃ…かなり興奮していあたのを覚えています。
そこからは、今度は私がソファに座り両足を広げ、夫が股間に顔をはさみ込んできて
思い切りクンニ・・・
「あ~、ん~、いい…」
そのあとはそのまま興奮冷めやらないままベッドになだれ込み、
ご想像の通り・・・。
ヤラセ的な動画かもしれないけどよそのおうちの熟年夫婦の性生活を覗き見した気分で
こういった動画でこんなふうに自分が興奮するとは思いませんでした。
ちょとマンネリ化した熟年夫婦の刺激に、いっしょにエッチな動画鑑賞もありかもと感じた夜でした。

2015年最後に3日連チャン濃厚セックス

2015年の年末に夫と連日連夜エッチなときをごしたのでここに記しておこうと思い書いておこうと思います。
もう年が変わってしまうほどご無沙汰でしたが
お久しぶりの投稿です。
年の瀬になるとお休みの少ない夫もだんだんと元気に
私も少しだけウキウキとした気分になっていました。
例年よりも早く休みが取れるようになった夫は
29日の夜からから休みで夕方、晩御飯前から
ずっと飲んだくれていて半分酔っ払い状態。
台所で何度もおつまみを用意している間も
私の後ろに来ては背後から胸を両手で揉んできたり
お尻を撫で回してきます
「もう、ちょっと待って」
って言うのに全く聞いていない様子で
胸を揉んで、股間をまさぐり首筋を舐めてきます
「いや…ン」
後ろからズボンの中に手を入れて
パンティの上からアソコをイジってきました。
さっきまでもう今はムリなんて思ってた自分も
少しだけはやくしたいな~て思ってましたけど
中途半端にエッチするのはイヤだったので
夫の手を払い
「あとでね、それは夜ゆっくりしよう」
そして子供たちと晩御飯を済ませお風呂に一緒に入りました。
脱衣所で下着を逃がせてくれると同時に
乳首やパンティ越しの股間に唇を這わせてきます。
湯船に入る前にお風呂場で立ったまま
「お○っこ」してって言われて、
私の股間に顔を近づけている夫の口元めがけてチョロチョロ
お○っこが出ている間からにょう道口を舌先でチロチロ舐められました。
し終わると夫は両手をお尻にまわして私の股間をギュッと
口元に引き寄せてアソコにむしゃぶりついてきました。
「ん~んッwww」
私のまたぐらに夫はすぽっり入って噛み付いてる状態のようでした
「あ~ンッ、あ~あ~」
立っていられないくらい気持ちよくなって
私も一気にエッチモードに
湯船の中でもふたりは夫はおっぱいを揉んだりアソコに指をいれてきたり
私は右手で夫のアレを握ってディープキス
「きりがないね」
夫「じゃあ、する?」
お湯に浸かった状態で足を広げた夫の股間に
後ろ向きですわるようにバックから挿入
「あ~んッ」
突き上げるような快感がカラダ中に伝わってきます。
「あ~、気持ちいい」
夫はうしろから私のおっぱいを両手で揉みながら
下から重くズンッズンッというような感じで突き上げてきます
「いや~イク、イク~」
夫「ダメだよ、あとでゆっくりするんだろ…」
夫はイジ悪そうに強く突いては緩めを繰り返し私をじらしてきます。
「でも…あ~」
「あとでもするけど、イク…」
夫「イキたいの?」
「イキたい!イカせて!」
胸元にあった両手を私の腰にまわしてつかんで
激しくついてきます
「あ~イクいく、あ~あ~ッ」
お風呂場でお正月休み1日目の1回目の絶頂を迎えました。
そのあとはもう完全に休日エッチモードにスイッチが入りました。
年越しの31日、ん?年明け一日の朝までになるのかな
毎晩お風呂やベッドの中で交わってました。
夜はお酒を飲んで映画観たり、テレビを見たり。
途中で夫は寝てしまうのに
夜、ベッドに入ってふたりきりになると元気になるようで^^;
一週間のお休みのうち4日セックス
最初の三日は連チャン
イった回数は覚えていません。
覚えてないくらいイった記憶だけが残っています。
熟年夫婦ですが今年もまだまだ変態な性生活はつづきそうです…。

洗面台の鏡の前でバック攻め

もう今年も3月ですね。
エッチな事ばかりとらわれていると
あっという間に過ぎてしまいます…。
昨年の秋ごろのエッチな回想です。
ふたりだけだったある日の休日のまだ、午前中です。
脱衣所においてある洗濯機のまえで、洗濯物をして
おかたづけや掃除をしていたら
トイレに行った夫がそのまま私のところへ近寄ってきて
後ろから抱きつかれてキスされました。
「うう~ん、エッチ、どうしたのヒマになったの…」
「ううん…」
私のいうことなんかまったく気にしていないようで、
服の上から胸をまさぐり、そのまま履いていたズボンを脱がされました、
「ううん、ここでするの~」
夫は黙ったままパンティをずらして、洗面台に手をつかされ
大きくお尻をつきだし、両手でお尻をわしつかみにされて
アソコを舐めてバックからクンニしてきました。
熟年夫婦・性生活
「あ~ん、ダメだってば!」
したくて我慢していたのか、夫はすでに興奮気味
私のお尻から顔をすむけようとはしません。
ときどき指をだしいれしたり、イジくられながら濡れたアソコを
ペロペロと舐めてきます。
「あ~んッ、ダメ、感じる」
立っている足が自然に動いていました。
「あ~ダメ、立ってられない」
そんな声も夫には届かず、今度はフェラを要求してきます。
私が床にしゃがんで、夫のお○ン○ンを口で愛撫
しばらくお口で舐めてあげると、
元の格好に戻され、夫はバックから大きくなったアレを挿入してきました
「イヤンッ、あ~~」
感じる自分の表情や、後ろから攻めてくる夫の姿が
鏡に映って目の前に見えて、自分の身体も気持ちよくなっているし
なんともいえない光景で私自身も興奮してきていました。
「あ~んッ、気持ちいい」
夫は服の中に手を差し込んできてブラをずらして
胸を両手で揉みしだきながら、腰を大きく前後に動かしてきます
「ああっ、感じる、イキそう…」
もうすでに足はガクガク、完全に私のアソコも夫のものを受け入れて
自らも腰を振り求めていました
「あ~イク、イクあ~~ッ…」
もうなにがなんだかわからないくらい頭に地が登るし
足はガクガク、
そのまま下半身丸出しのまま、洗面台の前に
なだれこむようにぐったり座り込んでしまっていました。
「は~…、なんかスゴかった」
そうなんです今でもこうやってハッキリ覚えているくらい
すごく感じました。
自分のよがる格好や後ろから攻めてくる夫が鏡に映って見えていたり
立ったままのあまり自由に身体をうごかせない状況が
すごく興奮を誘ったのだと思います。

おすすめ熟年夫婦動画