カテゴリー: エッチな日常生活

エッチな新幹線でお触りし放題

ブートさまいつもコメありがとうございます。
本当に感謝です。励みになります。
さて本日は、新幹線に乗って二人だけで
旅行にいったときのお話しです。
行く前から新幹線での移動の時間が
2時間以上あったので、日頃味わうことができないシチュエーションで
エッチなことをしようと計画をたてていました。
格好はお決まりスカートにパンストとヒール姿です。
私が窓側の奥に座り、となりに主人が座り
真ん中のひじ置きを後ろに倒して密着して並んで座ります。
バッグにあらかじめ用意しておいた
腰のあたりからひざの下くらいまでかかる
大き目のひざかけをふたり一緒にかけて
お茶を飲みながら窓を眺めていました。
一見なんの変哲もない夫婦の姿を装って
ひざ掛けの中では、エッチな事をしていました。
見えないひざ掛けの中で脚を軽く開いて
アソコを触られまくり。
熟年夫婦・性生活
「いや~なんか恥ずかしい…」
夫は私のスカートをたくし上げて、右手で
アソコを指でイジくってきたり太ももをなでまわしたり、
パンストとパンティ越しにもわかる
アソコの形を指でなぞり、
ときどき2本の指でクリの部分をつまんだりしてきます。
「あんっ、感じる…」
ずっと主人はこういうことをしてみたかったらしく
のっけからちょっと興奮気味でした。
平日だったからなのか、まわりは旅行客というよりは
サラリーマンのひとがけっこうな人数乗っていて
すぐ私たちの前と後ろの席にもスーツ姿のサラリーマンふたりが
乗っていらしてしゃべり声も聞こえてきます。
夫はそんなことおかまいなしだったのか
その様子がむしろ興奮をさそったのか
気にせずにスカートの中の私の股間をまさぐりつづけます。
主人が私の左手をとり自分のアレへ持っていきました。
主人はズボンのチャックをあけひざ掛けの下で
アレをだして私に握らせました。
もう完全に主人は興奮気味、
私も緊張がだんだんほぐれてきたというかそれよりアソコがかゆくなってきて
主人にいわれるがままアレを握り締めてシコシコ
「あ~んっ」たぶん目はとろんとしていたと思います。
ときどき傍を通りかかるサラリーマン風の男性にジロジロ見られたり
切符を確認しにくる車掌さんなど、
私たちの行為が気づかれていないか
心配な気持ちと、欲情でなんとも言いがたい異常な光景でした。
そして目的の駅に着く前に私たちは
入り口のドアの前まで行くことにしました。
そう、ひとがいない間にそこに行き何かしようという魂胆です。
「もうすぐ着きます」
宿の場所と移動手段を確認するために連絡をとっているとき
夫はうしろからスカートをめくり
しゃがんで、お尻を両手でつかんできて
パンスト越しにお尻をぺロペロ舐めてきました。
「ううんダメ!」首を横に振ってうったえます。
その後人が来たので何気を装い到着した駅で降車。
その日の出来事を簡単にお話すると
ホテルについたお昼過ぎにまず1回、主人も発射。
外でお昼ご飯を食べに行き部屋に戻って
またすぐエッチで2回目
お風呂の中でおしっこプレイもして3回目
夕飯をすませてからはお酒をたしなみながら
ベッドの上で裸の生活
1回発射するとなかなかしたがらない夫も
こんな日は普段と違いとても元気です。
私も何度イったか覚えていないほど
なんども気持ちよいしてもらいました。
夫婦みずいらずの旅行って本当にいいですよ!
年にいちどくらいは行きたいものです。

お約束!長期休暇はエッチ三昧

今日のお話は今年の年始のお休みの
ある夜の体験談です。
2015年1月2日の夜
子供たちはお年玉もらいついでに
私の実家へお泊りにいって今晩は夫婦みずいらず。
もう”する”に決まってます。暗黙の了解でした。
昨日のおせちの残りで夕飯を済ませて
お風呂に入ったあと夫の命令で
ネグリジェを脱いで上はランジェリ
下はさっきまで履いていたパンティにパンストだけ
この格好のままベッドルームへ
ネットで借りた映画をベッドの上に横になって
少しだけお酒をたしなみながら映画鑑賞です。
私はパンスト越しのお尻を出したままうつ伏せになって
映画をみていたら
夫は観ながらストッキング越しの私のお尻を撫で回し
アソコをイジってきます。
途中で興奮冷めやらない夫はお尻をギュッと鷲掴みにして
もう片方の手で股間を広げながら
パンストパンティ越しにお尻と太ももに舌を這わせてきます。
「いやだ~映画みれないじゃん…」
「うう~んっ あっ」
後ろから股間を舐めましてきます。
映画を観終わると(私だけ!?)
おもむろにうつ伏せの状態から脚を広げられ
そのまま股間にむしゃぶりついてきました
「ああ~んっ…」
入念にお尻とアソコを舐めまわされ
もうパンストとパンティが私の感じた愛汁と夫の唾液で
ナイロン越しにも伝わるほどビショビショでした。
その後仰向けにされパンストを引き裂かれ
パンティをずらされて強烈なクンニ攻撃
熟年夫婦・性生活・画像
「いや~だめ、あっ~、気持ちいい…」
声が漏れます
「いや~だめイク!」
私はクンニで1回目の衝天。
そのあと夫の股間に覆いかぶさってフェラチオで応酬しましたが
まだまだ不完全燃焼の夫はフェラでは満足いかず
私を四つんばいにさせて
お尻を両手で鷲掴みして持ち上げて今度はバックでクンニ
お尻の穴からアソコまでペロペロ舐めまわしてきます。
「うう~ん、あ~っ感じる」
二度目の衝天で脚はガクガク、たってられないほど感じていた
私のことなんておかまいなしに体を持ち上げられ元の四つんばいにされ
バックで挿入してきました。
「だめだめ!スグいっちゃうwww」
両手で胸を揉まれながら夫の腰の動きが激しくなっていくのと
同期して自分の腰が自然に前後に動いていきます。
「いや~イクイク、ねえイクwww」
夫のハアハアという吐息が聞こえたかと思うと
私は三度目の衝天でもう撃沈
夫は破れたパンストとお尻の上に発射して
私の横に満足気に横になりタバコをふかしていたのに気づいたのは
それから30分ほどたったあとでした…。
そのままの格好で寝てしまっていたようで。。。

コタツの中の見えない下半身…

二人だけの時間が開けば昼夜問わずエッチをしていた
私たち夫婦のある冬のこと。
いつの日だったかはっきりと覚えていませんが
夫が40度の高熱を出してインフルエンザになり
仕事を休んでいたとき、4.5日経って少し回復してきたころのできこと。
ずっとベッドの中にいた夫がリビングに降りてきて
コタツに入ってゴロゴロしていました。
まだ昼間です。子供たちもコタツのそばで遊んでいました。
温かいお茶を入れ夫に手渡すと、夫は私の手を取り
「スカート履いてこいよ」と、一言
「え?」
「いいから、こいよ…」
普段着のジーパン姿だった私はとりあえず寒いのを我慢して
スカートに履き替えて
コタツの中に入り、夫のいるとなりに寝そべりました。
熟年・夫婦生活
すでに私の方も何をされるかは了解済でした。
身体が回復してきて、あっちも元気になってきた様子でした。
夫はコタツに潜り込みスカートをたくしあげて私の両足の間に入り
股間に顔を埋めてきました。
パンティ越しにアソコをクンクン、
パンティの上からクリをチュウチュウと吸ってきます。
興奮をしてきた夫はパンティは脱がさずに横にずらして
直接私のあそこに舌をあて、ペロペロ舐めはじました。
コタツの外へ顔を出している私の表情が
どんな顔をしていたのかは覚えていないのですが、
きっと目をつぶりイヤラシイい表情をしていたに違いありません。
夫はしばらくのアソコに指を入れたりしながらクンニを続け
私のアソコを味わっていました。
どうやらコタツの中は熱くて汗ばんできた様子の夫は
クンニをやめてこたつの外へ出てきました。
私の右手を夫のアレに持っていき握らされました…
夫の「ここでフェラをしてくれ」というサインでした。
今度は私がコタツの中に潜り込み夫のモノを咥えます。
咥えたまま口の中で舌を動かしながら上下に何度も動かしたり
途中で大きくなったアレを横から唇に挟んでしゃぶりついたりすると
夫は身体を震わせ喜んでくれます。
身体をくねらせていた夫はコタツの中にいる私の肩をポンっと叩いてきました。
そうイキそうだというサインです。
「いいよ、いっても…」
夫はドピュっと勢いよく私の口の中で果てました…。