カテゴリー: シミ付きパンティ

3日間履き続けたパンストとTバック

そうですね。心配されるのも悪くはないし、
主人のほうもそれで盛り上がってくれれば
強く求めてきそうなのでチャレンジしてみてもいいかもしれません。
いつか試して見ようかな…。
今日のお話は苦手な方も、いらっしゃるはずなので
匂いフェチとかじゃない方はスルーでお願いします。
うちの主人は過度のフェチです。
パンティなど下着とパンストが大好物で、異常な匂いフェチです。
特に使用済みの汚れたシミ付パンティと
肌の温もりが残っていそうな履きふるしたパンストだと
異常に興奮するようで、
休日前にたっぷりしようねってエッチする約束しているときは
わざと一日前から同じパンティを履き続け夫のために用意してあげたりすます。
主人「パンストと一緒におしっこ拭かないで履いてて」
そんなある日の週末にむけて夫からの要望で
Tバックとパンストを3日前から履いて準備しました。
熟年夫婦・性生活・パンスト・下着
その日の夜は子供たちは実家に遊びにお泊り
ふたりだけの週末でした。
匂いフェチの夫とのプレイのはじまりは入浴前から
帰宅するとすぐにスカートも上着も脱いで
下半身だけ下着姿で夫の攻撃を待ちます。
主人は私の腰を両手で引っ張って
パンスト越しの股間に顔を埋めてきて
「うう~ん、いい匂いだ…美味しそう食べていいかい」
「いいよ、ベッド行こう…」
思ったとおりの熟成度だったようで夫は満足げ
そそくさと私の手をとり寝室に向かい
ベッドの上に仰向けに寝かされます。
まずは足先から、つま先を口にほうばって
ふくらはぎや太ももをまさぐったり、舐めたりしながら
パンストの匂いを堪能!?されます。
「う~ん、感じる」
つま先をしゃぶられただけでゾクゾクッと股間があつくなってきました。
少しづつ夫のの舌先の動きが激しくなり
だんだんと股間に近づいてきます
「う~ん、感じる、お○○こがかゆい…」
わたしもムズかゆくなってきます。
匂いにも反応して興奮しきった夫は
両足を広げていっきにアソコに鼻を押し付けてきます。
「いい匂いだ、いい匂い…」
「臭いの?どう臭い?」
私の問い掛けにさらに興奮してきた夫は
アソコをパンスト越しにペロペロ舐めてきます。
「ううん、臭いよ…臭くて美味しい…」
履いているパンティとパンストのアソコ部分が
もうびちゃびちゃになるまでむさぼられました。
鼻息を荒くした夫はパンストとパンティを脱がせて
パンティのいちばん汚れている恥部の部分を
舌でペロンと舐める姿を私に見せつけてきます
「イヤン、エッチ~感じてくる」
「いい匂いだよ、嗅いでごらんよ」
私の顔に脱がせたパンティを持ってきます
「う、臭い!」
「いい匂いだろ…」
私にはちょっとそのよさがわかりませんでしたが
おしっことオリモノの混ざった強烈な匂いでした。
汚れたアソコに直接舌を絡めてきます。
「美味しいよ、臭くておいしい…」
「ううん、美味しいの?
食べて、いっぱい食べて~」
興奮しまくりの夫のクンニに私の身体は
とろけそうになるほど反応して
夫の異常さのさらに上をいってたと思われるほど
感じてきてまだ入浴前のアソコを夫に押し付けてせがみます
「ううん、いい、いい気持ちいいよ~」
「食べて、もっと食べて~」
ぺちゃぺちゃ音が聞こえてきます。
「う~っ、イク!イク、いっちゃう…」
夫の舌先で舐められて昇天。
はじめから何分舐められたのか、そのとき
何回舐められてイったかも覚えてないくらい
執念に私のアソコをむさぼってきたのだけ覚えています。
理解できないといいながらも相手が興奮することで
自分もものすごく感じてくるプレイこそ
変態な私たち夫婦の性生活にはなくてはならない刺激です。
こうやって書き記していてやっぱり
私たちは異常がつくほど変態です。

置きみやげにしたピンクのパンティ

そういえば以前に主人が話してたことがあります。
私のおしっこにしても汚れた下着の匂いにしても
わたしのだから興奮するって言ってました。
他の誰かのじゃ逆に汚い気がして躊躇するらしいです
(試したことあるのかな…ホントかな?)
どちらにせよそれを聞いたとき少し嬉しかったです。
少し感じてきたのも覚えています。
結婚間もないころ、主人の仕事の都合で
家を離れ私と子供だけ実家で生活していた時期が
少しだけあったときのこと。
日中は夫の仕事場で手伝いをしていたので
毎日会ってはいましたが夫は帰るのも遅くて
もちろんそのときセックスもご無沙汰の状態のとき
夜遅く必要なものを取りに帰る用事があったのでいったん家に戻り
また子供のいる実家に帰ろうと思い一時帰宅したとき
たまたま夫も早く帰れるということで
一緒に家に帰りました。
久々の二人だけの家の中…。
決まって自然にふたりは立ったまま抱き合ってキスしていました。
息ができないくらい互いにクチュクチュ舌を絡ませる濃厚なキスでした。
主人は私のズボンの上から手を入れてきて
パンティの中に手をしのばせ直接アソコを触ってきます
「あんっ、だめ。。。」
久しぶりだったので夫は興奮冷めやらない様子で
グイグイ迫ってきます
「あ~だめだってば、我慢できなくなっちゃう…」
あまり遅くなると実家にも迷惑なので早く帰らないといけない私は
夫の手を払いのけてそそくさと準備に戻りました。
そのときの夫のすごく残念そうな顔が今でも印象に残っています。
「そんな顔しないで、また時間のあるときにね」
あまりにも寂しそうだったので、その場で私は
その日1日履いていたパンティを脱ぎ夫に手渡しました。
熟女・夫婦生活・下着
「これでいい子にしてて!」
ちょっと、落ち着いたご様子(笑)
元々、汚れた下着も大好きな主人は
私本人よりも、目の前の染みつきパンティに
興味がいったようでなんとかなだめて家を離れることに。
迎えのタクシーが来ると外まで送ってくれました。
乗る前に玄関先でまた濃厚なキス
「じゃあね、おやすみ」
車から後ろを振り返ると、もう夫は家の中に入っていってました…
(絶対、私のパンティでこれから遊ぶな…)
あとで聞いた話ですが、夫はそのパンティの
匂いを嗅ぎ、アソコの部分を舌で舐めたりして
寝るときに枕のそばに置いて寝たそうです(笑)
こんなモノで満足する男のひとってなんだか可愛い気がします。
もう使わなくなって今はもう持ってはいないけど
私たちの夫婦生活を語るのに必ず出てくるだろう思い出の一枚でした。

1日履いてたシミ付きパンティ

ある日、夕ごはんの後片付けを済ませ
いつも通りにお風呂に入ったっていたとき、
ちょうどシャンプーがなくなったので、
詰替用のシャンプーを取りに
いったん脱衣所まで出ようと思って
お風呂場のドアを開けると、
私が着ていたものを脱いで置いておいた
カゴの前にしゃがんで何かコソコソしている夫の姿…。
「え、どうしたの?」
夫婦生活・熟女・パンティ
私の問いかけには一切反応せず、
慌てるわけでもなければ、悪びれるわけでもなく
手にはさっきまで私が1日履いていたパンティを握って
私の方を見あげながら、鼻に押し当て
パンティの汚れた部分を広げ、舌を出し
2.3回ペロっと舐める夫…。
「いや~、何してんの? エッチ」
それから何日か経った日にエッチをしたとき
夫は私にシミの付いた汚れたパンティに興奮すると
明かしてきました。
そう結婚してから5年が過ぎていたときでした。
これまではこっそり、私の脱いだパンティのシミをチェックして、
匂いを嗅いだり舐めたりしていたらしく、
ネットで「シミパン」を見つけては楽しんだり、
時にはカメラで私のパンティの汚れを写真に撮っていたらしいです。
もうこのくらいでは夫を変態と思わなくなっというか
理解しきれない性グセでしたが驚きはしませんでした。
実は夫の汚れたパンティを舐めるところを見たときに
私もアソコがじわっと一瞬かゆくなったのを思いだします。
変態夫婦の進化はまだまだ止まることはありません。
それから週末な休日前になると、
汚れたシミ付きパンティ好きの夫のために
お風呂に入ったあとも、一日履いていたパンティを
もういちど履いて夫の帰りを待っていました。
ここまで聞くと私のことは従順な嫁(M気質?)にみえますが
夫の興奮を誘い、無我夢中に求められることで
思い切り快楽に浸れることができることを
期待していたのかもしれません…。