カテゴリー: リモコンバイブ

リモコンバイブでビデオショップ

以前は決まって休日前夜はテレビや映画を見ながら
フェラしてあげたり、さわりあいこしながら
夜な夜なというか、明るくなって日が昇るまでエッチなことを
していたときもありました。
週末に私の生理が重なると、ふたりして落胆…。
残念がって落ち込んだりする日もあったほどです。
そんなある日、特に予定もなくいつものように深夜番組も見ていて
なんだかつまんないんねってことで映画を観ようとビデオを借りに行くことに。
熟年夫婦・性生活・野外
おもむろに寝室から夫はリモコンバイブを持ってきて私に手渡します。
「これつけて!」
「ええっ、これから」
格好はこのまま普段着のままでいいから下着の下につけて出ろとう夫の命令でした。
私は命令されるまま、ズボンの脱いでバイブを装着。
直ぐ近くだったので、ふたりで自転車でいくことに。
自転車にまたがると、バイブがサドルとアソコにあたってちょっと痛かったけど
そなんことは夫はおかまいなし、
自転車で移動のときから、後ろを振り返り
私の表情を確認しながら、バイブのリモコンを動かします
ブイ~ン、ブルブル~
「うう~ん、ダメ、自転車がこげないよ」
ビデオショップに到着すると、お目当てのビデオの棚に向かいます
最初は真剣に映画をみさだめていた夫も
近くに男性が近づいてくると、ニヤっとしながら私に視線を送ってきて
リモコンのスイッチをオン
目で(ダメよ、こんなところで)首を横に振りますが
夫はこの光景が好きらしくやめる気配はありません
むしろ、リモコンの振動の強弱をつけてきたりして楽しんでいました
私は完全にオモチャ状態です。
自然と脚がすくみ、立ち止まってしまいます。
夫に寄り添い耳元で 「ダメよ、感じる…」
ふたりで決めたビデオをカウンターまでもって行くのも私の係、
そう、私にひとに近づかせてリモコンバイブを動かそうという魂胆でした
私が店員さんと、やり取りしている最中も夫は
上着のポケットに入れたリモコンを操作して
ときどき恥ずかしそうによがる私を見て楽しんでいます。
うしろに立つ夫の顔を見て、首を横に振りますが
全く聞き入れてくれないようす。
ブイ~ンというバイブの音が、近くの人たちに聞こえないだろうかとか
私のようすが変に写ってないだろうかとか気になるけど
アソコは感じるまさに羞恥プレイでした。
もちろん、帰宅してそのあと映画を観ながらエッチ三昧。
どんな映画観たのか、そのあとどんなエッチしたのかよく覚えてないけど
リモコンバイブでの羞恥プレイが強烈に印象にのこる
ある日の週末の出来事でした。

レストランでリモコンバイブ

この日は大雨で二人に出かけるには
少し尻込みしてしまいそうでしたが夫は違っていました。
着替え終わってお化粧を整えようとしたとき
夫に手渡されたのはリモコンバイブでした
「これ着けて行こう」嫌らしく微笑む夫
雨なので車で行こうという私の提案は無視して
電車で出かけることになりました。
理由は簡単、リモコンバイブで遊ぶのに
人の多い場所の方が、
人ごみの中で感じる私の姿を見て興奮するからでした。
電車に乗り降りするあいだから夫はリモコンのスイッチを入れます。
「エッチ!…」小声で夫につぶやくも
夫はニヤリと嬉しそうでした。
雨なのであまりウロチョロ出歩かずに食事することにして
結婚前からよく言ってた行きつけのレストランへ入りました。
夫婦生活・露出
対面でテーブルに着いた私はもう夫のおもちゃ状態。
二人だけで話しているときは何もしないのに
ベルを鳴らし店員さんが近づいてくると夫はリモコンスイッチを入れます。
「あ~んッ、ダメ、ダメ」
椅子に座っているので、バイブがアソコに食い込んだ状態で振動してきます。
ブイ~ンという音が聞こえていないか心配な気持ちとは裏腹に
アソコがムズ痒くというかジワジワ濡れていくのを感じていました
ピッチリ膝をつけて必死でこらえようとする私に
夫はわざと何も話さず、店員さんとやり取りさせます。
時折目をつむったり、話し方も少ししどろもどろ
夫の目を時々見て(ダメだってば…)
そんなことは一切気にする様子もなくリモコンバイブの振動を
緩くしたり大きくしたり…まるで操り人形のようでした。
夫を見つめ何度も首を横に振りますが、聞き入れてもらえない様子。
リモコンをしのばせたポッケトに手をつっこみ
夫は平然とその状況を楽しんでいました。
私たちが何をしているのか、となりの客に気づかれないか
気になって食事どころではなかったのですが、
ただエッチなお遊びをしにいったという点では
恥ずかしさと快感とでとてもエッチな感覚を覚えた体験でした。
勢い余った私達夫婦ふたりは
食事のあと、すぐに家に帰らずホテルに直行しました…。

おすすめ熟年夫婦動画