カテゴリー: パンストフェチ

ビチョビチョに濡れたパンストのつま先

人前でエッチな事をさせて感じてる姿をさとられないように
我慢する姿を見て興奮する男性はきっとSな気質のひとでしょうね。
私はそれを命令される側のMです。
私たち夫婦は、子供がいても隙あらばどこでも
エッチをしてきたいけない親だったのかもしえません。
さて、まだまだ子供が小さかったとき実家のおじいちゃんおばあちゃんと一緒に
わたしたち家族と水族館にいったあと実家にお泊りした日の夜のできごと。
夕飯も外で済ませて帰ってきた時間が遅かったので
子供は帰りの車の中で寝てしまっていたので、家につくなりそのまま
布団を引いて私も横に添い寝して寝かしつけていました。
簡単に着替えてさっきまで履いていたパンストはそのまま履いたまま
部屋着のTシャツと短パンすがたに着替えて横になっていました。
近くで一服していた夫が私の横にねそべってきて、パンスト越しの
太ももやお尻をまさぐってきます。
熟女・パンスト・性生活
「いや、ちょっと待ってて」
エッチが大好きな夫は私の実家だろうがどこでも、
布団にもぐりこんでセックスするときもあれば、
いつもの家のようにお風呂にいっしょに入ってきたりいつでも元気でした!
この日も元気だったにか大のパンストフェチな夫は
我慢しきれなくなったのか、私の足元のほうへ顔をもってきて
布団のなかに隠れて、脚に舌先を這わせてきました
「いや~、ダメだってば、そんれはあとで…」
それでも辞めない夫は、布団の中で短パンに手を入れてきて
パンスト越しにアソコをいじくりながら、
つま先を執念に舐めてきました。
「いや~ん…」
小声で訴えるも、夫はつま先を口にほうばったり
執拗にパンスト越しのつま先を舐めじはじめてきました。
(うう~ん、ダメ、感じる…)
なんだか私のほうも足先から感じるゾクゾクした感じに
アソコがむずかゆくなってきていました。
ゆびさきからかかとも、足の裏もパンストがビチョビチョに濡れているのが
自分でもわかるくらいにベチャベチャ舐めてきました。
子供が寝静まり、夫を振り切ってそそくさと寝る支度にかかりました
「もう、あとでね」
そのときは、まるで水遊びでもしたかのように
パンストのつま先はびちょびちょに濡れていました。
そのあと交互にさっさと入浴を済ませて床につくふたり。
また、布団にもぐりこんで実家で川の字に寝ている子供の直ぐ横でエッチ。
振り返ると、女性で同じ立場の母親の方からすると
批判を浴びそうなシチュエーションでもいっぱいしていたことを思い出しました。
性に対してだけは貪欲な夫婦のいけない姿だったのでしょうか。
今思い起こせば、反省するところもたくさんあります…(苦笑)
そんないけない親だなと思う反面、あの日のことを思い出すと
隠れてパンスト越しのつま先をベロベロ舐められたときのことも、
同時に思い出すので、ものすごく自分も感じていたんだと思います。
どこまでも暴走していた30代の頃の変態プレイでした。

ミニスカスーツにパンスト

バブルの全盛期に社会人となった私達夫婦は
知り合った頃にはもうすでにバブルがはじけた後で
その名残が少し残っていたくらいでしたが、
私がOLとして会社で働いていた時代は
会社へ行けば制服(OLスーツ)でしたが、
出社までの格好は自前で上着のついた
上下合わせたスーツで通勤していました。
今では化粧品屋さんとか保険屋さんのお姉さんでも
あまり見ることのないスーツ姿で毎日通勤していたため
結婚前まで決まってデートもその格好。
今働いていたとしてもそんな格好はしないのですが、
このときのスーツにパンストという組み合わせが
夫の大のお気に入りでした。
熟年夫婦・パンスト・画像
結婚当初、ほぼ毎週のように休み前の夜になると
寝室で夫の指示するスーツとパンティを着せられパンストを履いて
ベッドの上で洋服を着たままパンスト越しに
脚やアソコをペロペロと舐められ、まさぐられながら
写真撮影をしていたことを思い出します。
その時に撮ったポラロイドの写真は今でも
夫の書斎の引き出しの中にある小さなアルバムに貼ってあります…。

おすすめ熟年夫婦動画