休日の丸々一日ふたりだけの熟年夫婦の過ごし方

この日は子供が昨晩からお友達の家に泊まりにいき
今日も外泊でした。
ということは朝から晩まで夫婦ふたりきりです。
ふたりの仲ではすることは決まっていました。
朝からフレアの付いたミニスカートに夫の大好きなベージュのパンストを履かされて
買い物に出掛けました。
夫の車の助手席に座らされ、ときどき信号待ちなので
パンスト越しの太もも撫でてきます。
「いやん、エッチ…」
買い物途中から人目をよそにエレベーターに乗ると一番後ろに立って
夫はスカートの中に手を入れてきてお尻をまさぐってきます。
夫に目で合図(ダメよ)
だってこんなところで感じてしまうから…。
どっからどう見ても私の格好は普通の買い物にきたわけじゃないだろうなっていう格好で
みんなから浮いていたかもしれません。
そのなんだか羞恥心が股間をあつくさせるんですけど・・・。
それからお昼ごはんを済ませおうちに帰ったのはまだ昼過ぎ午後2時前くらいでした。
「う~ん、まだ晩御飯の支度するのはまだ早いしな…」
夫「だったら来いよ」
リビングでくつろぎながら私は夫の命令で部屋着のミニのワンピースに着替えさせられ
夫とイチャイチャすることになりました。
下半身はパンスト履いたままです。
熟年夫婦・性生活・画像
テーブルの椅子の下に潜り込んでフェラをしてあげます。
こんな真昼間からホント変態な夫婦です。
ときどき股間をまさぐっていたり、夫の方がテーブルの下にもぐりこんで
私の股間に顔を挟んで、パンスト越しのアソコをクンクンしたり、ペロンと舐めてきたりしてました。
夫「いい匂いするよ~」
「う、んエッチ…」
興奮冷めやらないふたりはイスに座った夫にスカートたくし上げて跨り、
夫のモノにパンスト越しに股間をスリスリ
夫は私の両胸に吸い付いてきます。私も自分で股間の動きが止まりませんでした。
夫も興奮していたようです。
そんなこんなで夕方になり、
「もうそろそろご飯の支度しなきゃ…」
残念そうな夫は「じゃ~ちょっとだけこっち来いよ」
寝室の方へ手招き
いきなりベッドの上に四つん這いにされ、パンストに包まれた
まん丸としたお尻を突き出すように指示されます
「う~ん、恥ずかしい…」
夫「美味しそうだよ」
その瞬間パンストのナイロン越しにお尻を撫で回しながら、ペロペロと舌を這わせてきました。
「いや~ん、感じる。あ~っ」
お尻や太ももを撫でまわしながらペロペロ舐めてきます。
ちょうど股間に鼻があたり舐められた瞬間カラダがゾクゾクしてきました。
完全に自らお尻を突き出しアソコをあらわにしている格好になってしまっていました。
そんな私の興奮度を読み取ったのか、そのままパンストとパンティを半分だけずらして
お尻向けたままバックでクンニ
クチュクチュ…ペロペロ…
夫「う~ん美味しいよ」
「あっ、感じる、気持ちいい、あ~」
「あ~、ダメ…ごはんの支度したくなくなっちゃうよ」
夫もこのままだとキリがなくなると思ったのか
「じゃ~またあとで、ゆっくりね」と、
ここで普通ならお口にキスするんでしょうが、
うちの夫は私の股間に顔入れてきてアソコをペロンとひと舐め(笑)
「いやん、またあとでね」私だってこのまましたかったんですよ、ホントは。
けどそのあと夕食を済ませて、ふたり仲良くお風呂にも入り
充実した「性夜」を過ごしました。
これが私たちのド定番、熟年夫婦の性生活の基本スタイルです。
ちょっとイキすぎかな、、、変態な気もするな…。

おすすめ熟年夫婦動画