「顔にかけて~」顔射は女も興奮ー続編~きっかけ~

少し触られたり舐められたりすると
自ら「あとで顔にかけて」と自分の願望を口にしてお願いしていた時期がありました。
きっかけはクンニ好きの夫が
脚を開いて仰向けになっている私の股間に頭を突っ込んで
私にまたがってアソコを舐めまわす(逆シックスナイン!?)の時のこと。
両手で脚を抱えて大きく広げられて舐めまわされます。
「う~ん、気持ちいい~」
気持ちよくなる私も夫のものが欲しくなり
手に取ろうとすると、その手を払いのけて
私の顔にこすり付けてきました。
最初、えっ!と思ったけど、自分の淫らな姿と日常ない光景と
気持ちよさなど、いろんなことが重なって
私自身が異常に興奮してきました
夫も興奮してきて鼻息荒くして私のアソコにむしゃぶりつきながら
元気なおチ○チ○を私の顔に何度もこすり付けてきました
そして、私がイクときに同時に夫もおチ○チ○を
私の顔に激しくこすり付けてきて一緒に焦点!
私の顔の上にはベトベトした生温かい液体が垂れ流し…
イったあとも顔をはずそうともしない夫はアソコに舌を這わせたまま
夫もヌルヌル感触が気持ちよかったのかしばらくそのままの状態でいました。
アソコを舐められながらの気持ちよさと同時に
顔にベットリと発射された夫の液体と元気なアレにとても興奮したのを
今でもよく覚えています。
熟年夫婦・性生活
そのときはそれで終わったのですが、
それからというものエッチするときに
夫から「舐めさせて」とか「ここでおしっこして」とか
「フェラして」とか頼まれると
「じゃ、あとで私も顔にかけてよ」とお願いしていました。
はじめて夫にそれを言ったときはさすがに夫もびっくりしていましたが、
そんな淫らなお願いをする私に余計に興奮していたみたいです。
今では自分からお願いすることはなくなりましたが、
それからしばらくの間、顔射が私たち夫婦の
新しいプレイに加わって
プレイのたびに顔にかけてもらっていました。
まだ二人とも30代だったいちばん血気盛んな年のころです。

おすすめ熟年夫婦動画