熟年夫婦の営み

購読して頂いているみなさま本当にありがとうございます。
少しづつですがご購読いただいている方々の人数も増え
よりいっそう頑張って続けていこうと思っています。
これからもよろしくお願いします。
記事は夫がいない午前中に書くようにしているのですが、
いろんなエッチなことを回想しながら書いていくので
最近ちょっと、朝からモヤモヤしてくる感じが気になってます^^
書きながら自分のアソコがジワと濡れてくるのもわかります…。
いつもは過去の”エッチ全盛期”だった頃のお話を
つづっていたのですが、今日は熟年になった現在の夫婦の営みを聞いてもらおうと思います。
私の場合、年齢を重ねるごとに身体は敏感になってきました。
乳首を触られたり、お尻を撫でられただけでもゾクゾクっとするし、
なによりもイキやすくなって、イッたときの一度に感じる大きさが
以前よりも増した気がしています。
感じる度合いが増したのか、
受け入れる身体が年をとったのかはわからないけど
昇天したあとの脱力感とか息切れとかがスゴくなりましたね。
挿入されたり、舐められたときに感じすぎるので
どうしても脚とかに力が入ってつりそうになることも増えました…。
そんな私のことを主人は気遣ってくれて
バックから挿入するときも横向きに私を寝かせて
後ろから抱きつくようにして入れてくれたり、
お尻の方からバックでクンニするのが好きな夫なのですが
うつ伏せにペタっと寝かせた状態でそのまま軽く脚を広げて
舐めてくれたり、私の体勢が楽なようにしてくれます。
熟年・夫婦の営み・画像
けど、ここからがおもしろい本当の話、
主人がそうやって気を使ってくれているのですが
先ほどの横向きバック挿入のときも、気持ちよすぎて
「あ~~っ、スゴイ!気持ちいい~」
上側の片足を上げて、足先がぴんと伸びた状態で
大きく足を広げて(体操選手みたいに)、腰を振っていたり
うつ伏せのままバックからのクンニ途中も
「あ~気持ちいいっ、あ~そこ…そこ…」
自ら起き上がり四つん這いになって
お尻を突き出しアソコを主人の顔の口元に押し付けていたり、
あまりの気持ちよさに身体はウソをつかないようで
「あ~んッ、イク、ねえイク、イっちゃう!」
結局全身を使って夫を受け入れて
頭に血は登るは、脚はピクピクするは、
終わったあと全身ガクガクで息が途切れます。
ここ最近の脱力感は言葉に言い表せないほどです。
でもエッチは辞めれないんですね、きっと…。
ただ二回目に突入するまでの間隔は長くなりました。
一度のセックスで何度もイっちゃう私ですが、
最後に発射するまで何度も挿入したり舐めたりしたい夫は
一度イったら私の身体が少し落ち着くまで休憩を挟んでくれます。
ま~、私が昇天してボ~っとしている間、待ちきれずに
おっぱいを吸ってきたり、濡れヌレグチャグチャになったアソコを
イジって遊んだりされることもしばしばで
徐々にまた感じてきて、またすぐ欲しくなってくるんですけど…。
こんな性生活がいつまで続くかはわかりませんが
そんなこと気にしないで
お互いがしたいと思えるときまでずっと楽しみたいと思っています。

おすすめ熟年夫婦動画