洗面台の鏡の前でバック攻め

もう今年も3月ですね。
エッチな事ばかりとらわれていると
あっという間に過ぎてしまいます…。
昨年の秋ごろのエッチな回想です。
ふたりだけだったある日の休日のまだ、午前中です。
脱衣所においてある洗濯機のまえで、洗濯物をして
おかたづけや掃除をしていたら
トイレに行った夫がそのまま私のところへ近寄ってきて
後ろから抱きつかれてキスされました。
「うう~ん、エッチ、どうしたのヒマになったの…」
「ううん…」
私のいうことなんかまったく気にしていないようで、
服の上から胸をまさぐり、そのまま履いていたズボンを脱がされました、
「ううん、ここでするの~」
夫は黙ったままパンティをずらして、洗面台に手をつかされ
大きくお尻をつきだし、両手でお尻をわしつかみにされて
アソコを舐めてバックからクンニしてきました。
熟年夫婦・性生活
「あ~ん、ダメだってば!」
したくて我慢していたのか、夫はすでに興奮気味
私のお尻から顔をすむけようとはしません。
ときどき指をだしいれしたり、イジくられながら濡れたアソコを
ペロペロと舐めてきます。
「あ~んッ、ダメ、感じる」
立っている足が自然に動いていました。
「あ~ダメ、立ってられない」
そんな声も夫には届かず、今度はフェラを要求してきます。
私が床にしゃがんで、夫のお○ン○ンを口で愛撫
しばらくお口で舐めてあげると、
元の格好に戻され、夫はバックから大きくなったアレを挿入してきました
「イヤンッ、あ~~」
感じる自分の表情や、後ろから攻めてくる夫の姿が
鏡に映って目の前に見えて、自分の身体も気持ちよくなっているし
なんともいえない光景で私自身も興奮してきていました。
「あ~んッ、気持ちいい」
夫は服の中に手を差し込んできてブラをずらして
胸を両手で揉みしだきながら、腰を大きく前後に動かしてきます
「ああっ、感じる、イキそう…」
もうすでに足はガクガク、完全に私のアソコも夫のものを受け入れて
自らも腰を振り求めていました
「あ~イク、イクあ~~ッ…」
もうなにがなんだかわからないくらい頭に地が登るし
足はガクガク、
そのまま下半身丸出しのまま、洗面台の前に
なだれこむようにぐったり座り込んでしまっていました。
「は~…、なんかスゴかった」
そうなんです今でもこうやってハッキリ覚えているくらい
すごく感じました。
自分のよがる格好や後ろから攻めてくる夫が鏡に映って見えていたり
立ったままのあまり自由に身体をうごかせない状況が
すごく興奮を誘ったのだと思います。

おすすめ熟年夫婦動画